信州味噌作り体験

アバンテイ圃場で収穫・有機大豆が原料です。

準備した大豆2斗(26キロ)を綺麗に水洗いして、水に浸して一昼夜寝かします。

(外はマイナス7度)・・寒いです。

特設の窯で(ブロックで作りました)直径60センチのアルミの窯に

豆が浸る程度の水で沸騰させます。

3時間~4時間掛けて煮ます、焦げ付かない様に、かき混ぜながら

あくをとります。

ミンチで煮詰まった大豆を潰して行きます、これが結構きついです、

交代で、回すひと、上から押しこんで行く人と、息が合って来ました!

つぶした大豆と、準備しておいた糀と合わせて煮汁を入れて混ぜる

 

準備した樽に、合わせた味噌の元を空気の入らない様に、投げいれて、そのまま蓋を

して秋まで寝かせて出来上がりです。

この状態で秋まで、ゆっくり寝かせて待ちます。

・・・味噌製造方法・・・ 

*今回は、米のみと麦入りと2種類の味噌を造りました

・大豆(1斗)+糀(15キロ)+塩(7キロ)+煮汁2.25リットル

・大豆(1斗)+麦入り糀(15キロ)+(7キロ)+煮汁2.25リットル

<米の場合1斗=15キロ・大豆の場合1斗=13キロ

*糀造りと、大豆を洗って一昼夜浸して準備して置きました。

 

  豆を煮る(豆が浸る程度の水で・・・)

  ミンチで、つぶす

(舟に移して、平らな状態で四分の一に成る様に筋を入れて置く)

  米花を四分の一に分けて置く

  塩・・3.5キ×4を作って置く

  樽に、・塩=3.5キロ・米花=四分の一・豆=四分の一を入れ、    煮汁を、2.25リットルを入れて合わせる

  一樽に、⑤で合わせたものを二つ入れる、上を平らにして、ビニールを敷き蓋をして、秋まで寝かせる