環境問題を気にする人が一人でも増えていけば、世界全体で状況が良くなります。近年ではあらゆる企業や個人が環境問題の改善へ向けて取り組みをされている方も多く、間違いなく良い方向に向かって来ています。一方で、エコな世界を実現するという点においては時代に逆行している世界有数のビッグビジネスがいくつかありますが、そのうちの一つが大量の電力を使用しているカジノ業界です。まさにカジノ業界も例に漏れず、時代の転換期を迎えていると言えるでしょう。電力で賄っている華やかな照明器具も再生可能エネルギーを使用すれば、環境に与える影響はもちろん、ビジネスにおいても新しい収益をもたらしてくれる可能性があります。そこで今回は、世界的なカジノメッカであるラスベガスという街が取り組むサステイナブルな活動についていくつか紹介して行きたいと思います。ちなみに、今回の記事の中では、ランドベースのカジノに焦点を当てていますが、インターネットカジノを利用するという選択もエネルギー使用量の削減と環境保護という観点においてはかなり効果的だと思います。

ラスベガスが取り組むグリーンエネルギー

実は、ラスベガスではグリーンエネルギーについての取り組みが結構前から進められており、カジノ施設の総エネルギー消費量の約22%がグリーンエネルギーによって賄われているのです。一方で、ラスベガスのカジノ施設は、いまだに天然ガス火力発電所に依存しているとある大企業に、大きく頼っています。その背景には、ラスベガスでカジノを運営する際に消費されるエネルギーや電力の消費量に基づいた多額の税金を支払う義務があるため、企業にお金を支払ってでも電力を購入した方が結果としては値段も安価になるという事が関係しています。

それでも、カジノは大量のエネルギーを継続的に消費する事実は変わらず、環境に対する気配りをしたり、責任を負う必要は必ずあります。カジノは大量のエネルギーを継続的に消費しているため、エネルギー消費に対する責任を負うことが重要です。一大ビジネスであるカジノ産業も売上げを考える事もとても大事な反面、環境にもしっかりと貢献し無ければ長い目で見ると業界全体のイメージダウンにも繋がる可能が非常に高いと見ています。

業界をリードする

ラスベガスにおいて超有名なMGMグランドというカジノリゾート施設は、発電事業に特化したNRGエナジー社と提携し、広いカジノの屋根にソーラーパネルを設置することで日中の電力需要の90%以上を賄って行くという計画を立てています。このような著名な施設が模範を示して行けば、他のカジノも同じような取り組みを始める道標にもなっていくはずです。

統計としての概算では、カジノ施設が再生可能エネルギーに切り替えた場合、年間の電気代が5~10%節約出来る計算になります。インターネットカジノが登場して以来、実店舗式のカジノでは経費の削減が急務となっており、こういった膨大な電気代の節約は利益率の向上にも繋がる見込みがあるのです。

とにかく業界全体が率先して再生可能エネルギープロジェクトを進めて行くことが重要です。これはカジノだけで無く、他の中小企業や一般家庭においても言えることではありますが、再生可能エネルギーの必要性を感じ、一人一人が責任感を持って行動の選択をしなければこの地球の明るい未来は誰にも担保出来ません。

ラスベガスの未来

現段階では多くのカジノがグリーン・エネルギーを取り入れることによって環境面、そして経済的な利点を実感しています。オンラインカジノに負けない為にも、環境に優しい設計を実施し、それを多くの人々にアピールしていくことがとても大切な局面に来ているのです。課題はまだ沢山あります。電力消費の高い一般的な電球からLEDに乗り換える事も大切です。そして砂漠地域に位置し、かなり暑いラスベガスでは、常時エアコンが稼働しており、そこでも大量な電力が消費されています。ドアや窓ひとつとっても、エアコンを効率良く作動される為に出来ることはきっとあるはずです。当然初期コストはかかるでしょうが、地球の未来を考えれば高い投資では無いと言えるはずです。